フィルム お買い得 自然光 液晶テレビ LCD 産業分野 入門 位相差板 書籍 偏光板 3849円 フィルム 自然光 液晶テレビ LCD 産業分野 [書籍] 偏光板・位相差板 入門 本・雑誌・コミック 科学・医学・技術 化学 フィルム お買い得 自然光 液晶テレビ LCD 産業分野 入門 位相差板 書籍 偏光板 3849円 フィルム 自然光 液晶テレビ LCD 産業分野 [書籍] 偏光板・位相差板 入門 本・雑誌・コミック 科学・医学・技術 化学 自然光,3849円,本・雑誌・コミック , 科学・医学・技術 , 化学,LCD,/enjoyer637963.html,フィルム,[書籍],入門,産業分野,偏光板・位相差板,液晶テレビ,nyaripeter.hu 自然光,3849円,本・雑誌・コミック , 科学・医学・技術 , 化学,LCD,/enjoyer637963.html,フィルム,[書籍],入門,産業分野,偏光板・位相差板,液晶テレビ,nyaripeter.hu

与え フィルム お買い得 自然光 液晶テレビ LCD 産業分野 入門 位相差板 書籍 偏光板

フィルム 自然光 液晶テレビ LCD 産業分野 [書籍] 偏光板・位相差板 入門

3849円

フィルム 自然光 液晶テレビ LCD 産業分野 [書籍] 偏光板・位相差板 入門



著者情報

岡田 豊和 氏 技術コンサルタント(元・住友化学(株)/JSR(株)、現(株)矢野経済研究所 客員研究員)

発刊日

2019年4月23日

体裁

B5判並製本 167頁

発行

サイエンス&テクノロジー株式会社

I S B Nコード

978-4-86428-193-5

Cコード

C3058
内容情報 はじめに

第1章 光とは何…?
1. 偏光とは何…?
2. 偏光板を理解するための光の性質
 2.1 光が二地点間を最短時間で進むということはどういうことか?
 2.2 媒質の雰囲気が密に詰まったところ(屈折率が大きいところ)では光の進行速度が遅く,疎なところ(屈折率の小さいところ)では光の進行速度が速いとはどういうことか?
 2.3 物体に光が入射したときの光の進行
 2.4 太陽光は何色ですか?
 2.5 その他の光の重要な性質?
 2.6 光の色と物体の色は同じか?異なるのか?
3. 自然界の中の偏光
 3.1 方解石や水晶の複屈折
 3.2 水面や地表面からの反射光
 3.3 ガラス面からの反射光と鏡からの反射光は同じか?
 3.4 ミツバチの眼

第2章 偏光板とは何…?
1. 偏光板とは何…?
2. 偏光板の仕組み
3. どんな偏光板が良いのだろう?
4. 偏光板の作り方
 4.1 偏光板の作り方の概要
 4.2 偏光板の工業的な作り方
  4.2.1 偏光板の代表的な構造
  4.2.2 偏光板の工業的な作り方を工程別に見る?
 4.3 偏光板の反応図
5. 偏光板の性能はどのように表すのだろう
 5.1 透過率と偏光度の表し方
 5.2 色相(偏光板の色目)の表し方
6. 偏光板に使われる材料について
 6.1 高分子フィルムの製造方法
 6.2 PVAフィルム
 6.3 TACフィルム
 6.4 PETフィルム?

第3章 偏光板へのいろいろな要求
1. 理想の偏光板を求めて
 1.1 理想的な偏光板の光学性能
 1.2 偏光板内のヨウ素種について
 1.3 理想的な偏光板を得るための方法?
 1.4 反射型偏光板とは何だろう?
2. 見やすい偏光板を求めて
 2.1 偏光板の表面処理の必要性?
 2.2 偏光板のAG処理(防眩処理)とは何…?
 2.3 AR(無反射)処理とは何…?
3. 用途に応じた偏光板を求めて
 3.1 偏光板の種類(分類)について
 3.2 円偏光板とは?
 3.3 染料系偏光板とは?
  3.3.1 染料系偏光板の種類と特徴
  3.3.2 バイオレット系偏光板
  3.3.3 プロジェクター用のカラー偏光板
  3.3.4 高耐久ニュートラルグレイ染料系偏光板

第4章 位相差板とは何…?
1. 偏光板と組み合わせて使うと便利なもの
 1.1 位相差板とは…??
 1.2 位相差板と偏光板を組み合わせると…?
 1.3 位相差板が世の中に広まったのは何故?
 1.4 位相差板の中で光はどうなるのか?
 1.5 位相差板はどんな用途に使われるのだろうか?

2. 位相差板の種類と作り方
 2.1 位相差板の物性の表示
 2.2 位相差板の作り方?:高分子フィルムを延伸法する方法
 2.3 位相差板の作り方?:位相差を有する透明な物質(複屈折物質)を高分子フィルム上にコーティングする方法
 
3. どんな位相差板が良いのだろうか?
 3.1 位相差板に要求される特性は何だろう?
 3.2 位相差板の特性を上げるための方法とは…?
 3.3 好ましいLCD用の位相差板とは…?

第5章 偏光板や位相差板は何に使われるのか?
1. 偏光板や位相差板の役割
2. 生活の中での利
 2.1 光量調整や光学フィルターの用途
 2.2 反射光をカットする用途
 2.3 立体映画(3D)用途
 2.4 干渉発色を応用した用途
3. 液晶表示装置(LCD)への利用
 3.1 偏光板と位相差板の役割
 3.2 着色表示を白黒表示に転換させる位相差板?
 3.3 視野角を向上させる位相差板
  3.3.1 STN型LCD用の位相差板
  3.3.2 TN型LCD用位相差板
  3.3.3 液晶テレビを目的として開発された液晶表示装置
  3.3.4 VA型LCD用位相差板
  3.3.5 IPS型LCD用位相差板
4. 円偏光板の応用
 4.1 (半透過)反射型LCD用途
 4.2 タッチパネルと有機EL(OLED)用途
 4.3 その他

第6章 【応用編】液晶表示装置(LCD)をより良くするために偏光板と位相差板以外に必要なものは何…?
1. 粘着剤
 1.1 粘着剤とは何…?
 1.2 粘着剤に必要な特性とは…?
 1.3 粘着剤の構成成分
 1.4 粘着剤の耐久性試験方法について
2. ガラス板
3. ガラス板の外側にあるもの
 3.1 光源
 3.2 導光板と拡散板
 3.3 集光フィルム(プリズムフィルム)
4. ガラス板の内側に存在するもの
 4.1 液晶材料
 4.2 カラーフィルター
 4.3 配向膜
 4.4 透明電極

おわりに

注意事項

お使いのモニターの発色具合によって、実際のものと色が異なる場合がございます。

フィルム 自然光 液晶テレビ LCD 産業分野 [書籍] 偏光板・位相差板 入門

新刊案内

小児救命救急・ICUピックアップ⑤ 内分泌・代謝救急疾患

終末期ディスカッション

LiSA 2021年10月号 - 周術期管理を核とした総合誌[リサ] -

NeuroICUブック

即戦力が身につく頭頸部の画像診断

足の画像診断 第2版

INTENSIVIST(インテンシヴィスト) 2021年4号

LiSA 2021年別冊秋号

2週間で学ぶ臨床感染症

アナトミカル キネシオロジー

LiSA 2021年9月号 - 周術期管理を核とした総合誌[リサ] -

遺伝カウンセリングロールプレイ 段階的に学べるシナリオ集

感染症プラチナマニュアル Ver.7 2021-2022 Grande

感染症プラチナマニュアル Ver.7 2021-2022

Hospitalist(ホスピタリスト)2021年1号

LiSA 2021年8月号 - 周術期管理を核とした総合誌[リサ] -

精神症状に潜む身体疾患66 モリソン先生のルールアウト

INTENSIVIST(インテンシヴィスト) 2021年3号

雑誌最新号

LiSA 2021年10月号 - 周術期管理を核とした総合誌[リサ] -

INTENSIVIST(インテンシヴィスト) 2021年4号

LiSA 2021年別冊秋号

LiSA 2021年9月号 - 周術期管理を核とした総合誌[リサ] -

Hospitalist(ホスピタリスト)2021年1号

おすすめ医学書

フレームワークで考える内科診断

感染症プラチナマニュアル Ver.7 2021-2022

感染症プラチナマニュアル Ver.7 2021-2022 Grande

エバニュー チェッカーゴールインテープ EGA378

総合内科病棟マニュアル 疾患ごとの管理(青本)

総合内科病棟マニュアル 病棟業務の基礎(赤本)

内科ポケットレファランス 第3版

ワシントンマニュアル 第14版

Hospitalist(ホスピタリスト)2020年4号

INTENSIVIST(インテンシヴィスト) 2021年1号

パワーズ運動生理学

スポーツリハビリテーションの臨床

不整脈治療薬ファイル 第2版

循環器治療薬ファイル  第3版

認知症がわかる本

パターソン臨床アレルギー学

外来診療の型

ハリソン内科学 第5版

カンデル神経科学

ICUブック 第4版

リトルICUブック 第2版

ベイツ診察法 第2版

胸部のCT 第4版

腹部のCT 第3版

臨床のための解剖学 第2版

臨床のための脳と神経の解剖学

カプラン臨床精神医学テキスト 第3版

ストール精神薬理学エセンシャルズ 第4版

新 遺伝医学やさしい系統講義19講

頭頸部のCT・MRI 第3版

ここまでわかる急性腹症のCT 第3版

ラングマン人体発生学 第11版

エッセンシャル免疫学 第3版

麻酔科臨床SUMノート

MGH麻酔の手引 第7版

トンプソン&トンプソン遺伝医学 第2版

シュロスバーグの臨床感染症学

際限なき医学欲を満たす、極上の教科書を召し上がれ。

周術期管理を核とした総合誌[リサ]月刊/毎月1月発売

集中治療の“いま”を検証し、“これから”を提示するクオータリー・マガジン。季刊/年4回発行

患者全体を見すえた内科診療のスタンダードを創る!季刊/年4回発行

脳科学の宇宙(せかい)を展望する。

カテゴリ一覧

ページトップへ